Home >   TotalPages4 prev next

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-04-25 Sun 01:34

3/17 Kolnという名の

3/17続き
Kolnに到着

ここは途中下車するものの、
今日のメインはBremenなので
ささっとかする感じで!

って思ってスーツケースをコインロッカーへ

何か機械で荷物入れたら
中でガコガコ動いて
カードキーみたいなのが出てくる
ハイテクコインロッカー
ナニコレ。。。
Koln3
*カードキー的な紙のキー*

1つしか出入り口がないから
一人ずつしか入れれないし
非効率的じゃね?( ̄~ ̄;)
とか思いつつもまぁ利用しますよ、えぇ。
で、ユーレイルを初めて使ったもんで
降りたときになんか必要ないんかな
とか思ってたら
日本男児がしゅーっと前を通る。
しゅーっとね。
うん、きっと日本男児。
話しかけてみるも
彼はユーレイルで旅してなくて
情報は聞き出せず。
でもせっかくなので一緒に回ってもらうことに。
彼がまた熱い生き方をしてる子で
その上、
高校野球でも
大学野球でも
うちらはライバル校
であると判明。
…逆に、まぁそれだけやけど、
外国におるとそんな小さな接点さえ
拾っては盛り上がる。

そしてまた、Koln…そこは
うちら関西人にもってこいな街だったのだ。

というか見覚えのある街だったのだw

***

噂の大聖堂を最初に見学し、
勝手にツアーにまぎれて説明を盗み聞き。
確かに噂どおりすごいといえばすごいが、
どうもこの位置が気に入らない。

新宿駅で言ったら東口のロータリー
大阪駅で言ったらヨドバシ
的な立地条件なわけで、
駅出たらすぐすぎて
首おかしくなりそうなほど見上げる。
あのー、カメラに収まらないんですけどー
Koln1
*首おかしくなりながら撮った図*

広角駆使してこんなビニョーンってなったしw
おそらく駅の方が後にできたんやろから
もうちょっと何とかならんかったんですかね。。。
建築として有名であれ、
なんだか残念だった。。。
とは言え中に入るとやはり圧倒される
Koln2
*大聖堂内*

ステンドグラスなんかも
ものすごくきれいでした(* ̄∇ ̄*)



そして地図さえ手に入れないまま街へ。
雑すぎるうちら笑
それに応えてか、
わかりやすいけど雑な、
ヨーロッパには珍しく
ごちゃごちゃした印象の商店街。。。


わけのわからないものの多さといったら
For example

Koln4
*少年よ、蛙がそんなに可愛いか。on the 亀*

Koln5
*スタイルが良いのか悪いのか分からない蛙*

まぁタイトルは勝手に私がつけましたけどもね。

初対面にもかかわらず
Sくんとわたしはつっこみどころ満載のこの街を
大笑いして回っていたんですが。
とどめがコレ↓
617_convert_20100425121414.jpg

*アイスクリームがぶっ刺さる図*( ̄□ ̄;)
(ちなみにこのビルにアイス関係の店はなかった)



ケンタ、マクド、LUSH,無印良品、H&M、
そして商店街というスタイル
このごちゃごちゃ感と
それを懐かしむ自分
…これ
…大阪ちゃうん?
心斎橋ちゃうん?www
うちらの結論は早々に出された。
アーケードこそないものの、
もうその後うちらにとって
Kolnの扱いは観光すべき場所ではなかった笑
懐かしい場所を回ってる
ってかんじでした笑

まぁそんなことを言ってたために
後日ここのお酒に逆襲されることになるのだが。


オマケとしてこんなものもありましたよ
日本で長蛇の列を作った
Forever21
Koln7
…ならぬForever18

***

ちょっと個性強すぎるKolnのせいで
影が薄くなったけれど笑、
この日会ったSくんとは
ランチもご一緒しまして、
しっかり意志を持って頑張っていたり
いろんな旅をしているようで
人間的にとても面白い人でした。
また日本でも再会できたらと思ってます。

次はーBremenだよ!
くるり好き必見!?

↓クリックよろしくお願いします~↓



2010-04-23 Fri 21:17

3/17 Frankfurt→Koln

0317
Frankfurtを出る日

Frankfurt9

今日はKolnを経由してBremenまで北上予定
Humburgまで行っておきたかったけれど
どうしてもBremenは行っておくべき気がしたので
宿を取っておいた。

Frankfurtでは
大学での親友に贈りたいハガキを見つけ
書いたのだが、切手の自動販売機が壊れていて
Frankfurtから出せないという事態
Frankfurtって書いたにも関わらず笑
朝やから郵便局あいてへんし
今思えばキオスクって手もあったけど。

ホームに進むと、
電車は遅れていたので
ベンチに座ってぼーっとしていた。
…お菓子の自動販売機も壊れているようだ。
しばらくすると苦戦している
アジアンな女の子を見つけた。

一応英語で話しかけてみる
「それ、硬貨入らないないと思いますよ」
「あ、ありがとう」
「もしかして日本人ですか?」
「そうです」

当然そこから彼女と列車を共にしたのだが
ここで世の中の不公平さというか、
そういったどうしようもないものを
再確認してしまうことになる。

彼女は千葉大学で建築学を学び、
この4月から就職してしまうため
卒業旅行で一人旅に出たという。
初めてだし英語もままならないまま来て、
最初に友達の居るスイスに来たため
改めて寂しさや大変さを痛感しながらも
楽しんでいる、とはにかんだ。

「そうですね、
一人旅は楽しいけれど
常に緊張の糸を張り巡らせなければならないし
思わぬアクシデントに合いやすい上に
一人で立ち向かわなければなりませんよね。」



「今まで何かありましたか?」

今までの色々を話すと
彼女は目を丸くして驚いた。

「もーもさんは面白いですね、
それでも旅を続けるんですか。
私があったアクシデントといえば
ジュースを鞄にこぼしたことくらいです、あはは」

∑( ̄ロ ̄|||)
あははじゃねぇし!
それ、アクシデントって言わんやんミスやんw笑
いやベタベタになるけど、色々。
会うもんじゃないけど。笑
そんなオチャメな方だから
幸せに包まれるのですねキット。。。
(*´ρ`*)遠い目

あれこれ話して
Frankfurtでの話になると、
途端に旅慣れてるかのような思い出話が出てきた。

「すごく下調べなさったんですか?」

「いえ、案内してもらったんです。
ニュージーランドでドイツに留学したことがある人に会って
飲みにいこうってなって、でも翌日も観光案内してもらって…」


「いいですね!なんだ、英語話せるんじゃないですかw」

「いや、その人が今東大の院に留学していて日本語が流暢で」

∑( ̄ロ ̄|||)

(うちが今まで旅先で出会ったのは
英語力をひけらかすくせにイザという時全く役に立たない日本人@Roma
家族をほっぽって一人旅し続けるおばさん@Roma
経済学者の東洋ヌードオタク@Firenze
チェコで現地人と間違われる日本人@Switzerland
中国人みたいな日本人@Switzerland
執行猶予をくれるおっさん@Frankfurt)

そんな幸運に恵まれたことないw
他にも色々聞いていても
なんだかラッキーを拾ってきている模様。


ここで前々から思っていたことを
少し確信した。

世界には決まっただけの幸運がある。
1リットルだか1キログラムだか
単位も量も分からないけれど。
そしてそういった環境の中、
人間は2種類のタイプがある。
幸運を吸い取る人間と
幸運を吸い取られる人間

バカげた定義だけれども、
せめてこのブログ内だけでも
提唱させてください。

うーん…完全に吸い取られましたw
なぜなら今後うちは数々のアクシデントと出会います。
今後彼女は数々のラッキーと出会ったことでしょう。

(そんな彼女とは
ゴールデンウィークに会うことになっています。
またしてもうちは運を吸い取られることでしょう)


何はともあれ、
ライン川に沿って下る
景勝ルートと言われる鉄道の旅は
こうして新たな出会いをも流れに乗せて
うちをKolnまで運んでくれました。
いやまじで良かった!
むしろこれだけのために
わざわざドイツに降り立ったって言っても
過言ではないくらい
当初のビッグイベントだったわけで。
途中でラッキーガールとは別れたけれど、

Kolnでまた、新しい出会いが待っているんですね。





2010-04-23 Fri 01:08

3/16 オッサンモテはドイツでも

3/16
今日は一日観光ができる

と思って
地図に行きたいところを描きこんで
独自のルートで行こうとしたわけですよ、
でもユーレイルパスの使い方が
イマイチわからなかったので
明日のためにと、駅で質問して
それから観光

…と重い中央駅を出たら
体格の良いおじさまが
ごちゃごちゃ話してくる


***

「どーせ中央広場のほう行くんでしょ?」
「行くけど行く順番決めてるんです」


「おれも用事あって行くねんやん」
「いやだから行くけど行く順番決めてんねんやん」


「ちょー俺郵便局行かなあかんくて」
「・・・」

「でも国またがって話すとかしたいやん」
「別に」


「何のために来たん?」
「観光のみ!やから行かせてくれませんかねぇ」


「ほなあそこオススメやで(指さす)」
「あーありがとうじゃ…「で、30分後ここ待ち合わせにせん?」」
(と言いながら手を握ってくる)


(果たして今、Noと言うべきか。。。
いやでもコイツの場合は猶予が与えられている。
来ない可能性を見せたら
郵便局行かんとか言われてもだるいし
さもノリ気な感じで返事してばっくれるか)


「まじで!ほなあとで」
(めっちゃ笑いながら手ふりほどく)

て言って地下鉄で遠く離れるスタタタタタッ((((((((((; ̄ー ̄)ノノ
Frankfurt6

*かけこんだ地下鉄*

結局予定と逆回りすることに。
なんでうちが気使わなあかんねーん
って思いつつ。

まぁ美術館が並ぶところやら
ちょっと駅からはなれたところをぷらぷらして
せっかくなので夕方には中央へ戻る

オッサンも言っていた人気の買い物ストリートは
えらく近代的でした!
うち的にはあんまり興味のない感じでした。
デパートとかキレイなお店が立ち並ぶから
日本人の女の子で海外での買い物好き(ノ^▽^)ノ~~~~
って子はオススメかも!

でもマーケットとかが
肩身狭そうに室内にあったりするのを見ると
ちょっと残念な気分に
Frankfurt8
*室内マーケット*


あと、色々な銀行の本拠地であるため
すごいキレイな高層ビルがたくさん。
でも伝統的な感じの建物のなかから
それらが突出していて
気持ち悪かったっていうのが
正直な感想・・・(゚_゚i)笑
Frankfurt7

*気持ち悪い図*


ということで、
うちはあんまり好きになれなかったです。
便利やけど、、、
都会やったなぁ
うち田舎モンやから合わんなぁ
買い物は別に東京でええしなぁ

若干疲れて
途中公園で休憩したり
寒いのに間違ってアイス食べたりして
ゆっくり過ごしました=*^-^*
明日は移動の日~!






2010-04-22 Thu 15:25

3/15 Frankfurt

ドイツ語が読めない



切符の買い方がわからない



空港から出れない

…そういえば去年のイタリアの時は、
ガイドブックを一応買っていった上に
空港で日本人捕まえて色々教えてもらったんだった笑



Frankfurt4
*券売機、の図*


行き先に番号が振ってある表を参考に
中央駅までの番号を押して、
色々ボタンあるけどオトナ一人って
一番ノーマルだから一番上のボタンだろう

て感じで
券売機で買えば切符は出てくるし

まあ電車のればどこかにつくし
(さっそく反対方向のホームに居たけどもw)

そんなこんなで中央駅に着いたのは夜でした。
Frankfurt5

*Hauptbahnhof(Frankfurt中央駅)*


駅で地図をもらって
なんで雨なんだよとか思いながら
25kg(そのうち3kgは日本酒と焼酎w)の荷物を持ちながら
ホステルへ。
そこで出てきたのはこんな看板
Frankfurt3

*おもむろに登場するSEX INN。(怖かったので翌朝撮影)*

ホステルは×黄緑という
何とも悪趣味な壁
モンスターズインクに出演してる気分でしたよ、ええ。

窓に足りていないカーテン、

鍵が閉まりにくい共同シャワールーム、

窓の下には風俗街
なんだしここw
とりあえずスーパーで食材を買ってこの日は早々に寝ましたと。




Theme:ドイツ

Genre:海外情報

2010-04-15 Thu 03:38

Frankfurt的脳内

Frankfurt2

*Frankfurt空港駅*


そんなこんなで
無事?(じゃねぇよw)
Frankfurtへ。

とりあえず初日は夜だし
すぐにホステルへ。


***
いきなりここ来た人は
これ参照↓

日本酒を死守せよ。

***

写真違うとはいえ
中国経由しただけで
えらい疑われた。

確かに入国審査官の彼は
「だって中国から来たじゃないか」
ってしきりに言ってた。

中国で途中下車?した理由も
めちゃくちゃ聞かれたし、

いやいやあんたらの国への飛行機が1日2本で
乗り継ぎに不便やったからですやん

てゆうたけど。

気まじめなドイツ人
疑われやすい中国人
群れる日本人

今回この3要素が原因かな

とかいう超一義的な結論を出して
勝手に納得した。


だって中国通る時は
入国審査官、隣の人と話しながらポンポン押してたし

ドイツでは中国っていうフレーズにやたらつっかかってきたし

挙句「日本人やのになんで一人」とかw
こっちが聞きたいわw
日本語話せて旅好きでイケメンな
ドイツ人紹介してくれるんですか笑

国民性、
またどう見られてるか
ってのをちょっと濃く感じた日でした。
でもそう思っていいほど
各国に密な知り合いいないくせに
こんなこと考えてる自分が
一番それぞれにレッテル貼ってるのかもしれないなぁ。





Theme:ドイツ

Genre:海外情報

10 «
2017.11
» 12


123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。