Home >   TotalPages4 prev next

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-05-05 Wed 12:11

3/18 本格的に北欧へ

はじめて訪問してくださった方

_MG_5662.jpg

*ぷろふぃーる*

目次

*目次*

御覧ください。


***

しょうもないことして
時間潰しつつ
Hamburgともお別れ。。。

Denmarkからは
ユーロ使えないので
小銭消費のため
ポップコーンをおやつに購入

「ポップコーンはありません」

「いやいやポップコーン屋じゃないんですか?」

「これ店名www
うちの店の商品はコーンにバターかけてあるだけよ」

「あ・・・じゃぁそれひとつ。」

ややこしズム!


・・・てことで食糧も調達し
ユーロもキレイニさらえたので
ホームを探す。

のだが。自分が乗りたいホーム無いんですけどー!



あれーあれー
いや絶対ここやろ!



あ、そうか、


ハリーポッターみたいに



勇気を絞って




柱に・・・



突進するわけにもいかんもんで

人に聞く


「ええと、これは国際列車だから、
途中で列車が切れるから
あのホームの後方に存在するんじゃないかな。
とにかく急がないと時間がないよ!」

くそー
街に出ないからって
うかつだったぜ。。。

25kgの荷物を

もうガラガラ引きずるとかでなく


たくましく持ち上げて

ダッシュ。

プルルルルルルルルルr・・・・・・・



あーここから乗らんともう
って時に。


ドーーーーーーーーーン






体当たりw


「おいお前!なにしてるんだ!」

「いや乗ろうと思って発車しそうなもんでw」

「ありえない「じゃ!」


てなわけで、
無事乗車←


でも、(←この接続後もおかしいが)
土曜日で席が全然あいてなくて

「この中でずっと4時間5時間立つのはつらいなぁ。」

と思ってた

さっきポップコーンと間違えて買った
ただのバターコーンも邪魔やし
(てか走ってたときに力みすぎて
入れ物つぶれてきしょい状態)

***

トイレの前で
コーンを食らうという
シュールなことしてたら


車掌さんが
「もうすぐその辺空くから安心しちゃいなYO!」
って陽気に言ってくれて、

ほんと無事座れて、
なんだみんなコペンに行くわけじゃないんかとか
ぶつぶつ思ってた。

そしてゆっくり
列車からの景色を堪能
Hamburg6


と思ったら周りが真っ暗に


そして車内アナウンス

聞き取れないwww

動くまわりの人たち


どうする?

どうしよう?

とりあえずうちも席を立つことに。



列車をみんなに続いて出ると

そこは薄暗い倉庫

target="_blank">Hamburg7

どうなるんですかーーーーーーーーーーー


すいません時間切れ。
つづきはwebで!
まぁこれwebだけど!

でも
クリックよろしくおねがいしますー!
↓↓




2010-05-03 Mon 21:23

3/18 Humburg

はじめて訪問してくださった方

_MG_5662.jpg

*ぷろふぃーる*

目次

*目次*

御覧ください。

***

ハンバーグ、
ハンバーグ、
今夜のごはんはハンバーグ♪


ドイツ最終地点
Hamburg


Hamburg2

*マルボロの看板。おしゃれ!*


 ― すごく中途半端な時間になってしまった。

うちが旅行中に
お金もなく時間が余ってるときにすること
それは数独です。
これは150円くらいで売っているし
意地になって解くので普通に時間が稼げる。
旅中に1冊仕上げることを目標にすると、
レベルにもよりますが
長時間の飛行機もなんのその。


本屋さんに行って購入し、
お昼を食べたい!ってなった。
(注:ひとり)



当初はいつも通りパンを買って
乗るつもりやったけど
ユーロが少しあったので
駅の中のフードコートで
得体のしれないチャーハンを注文。
これがマズすぎてやばかった。
調味料選べるんやけど
聞かれるがままに
意味不明なままうなずき、
全てを入れた結果なので誰も責めることができない。
しいていうなれば、自分が悪いw
ということで写真省略。爆



食べながらぼーっとしてたら
中学生?高校生?
外人は年が読めんから分からんけど
yongもyongな連中が。

はじめ、AくんBくんCさんが仲良く
「どこで食べる~?」
なんて言いながらきたわけですよ。

(注:ドイツ語分からんので推測。
ここから全部アフレコ
参照:手書きの旅日記)

A「ここ良くない?肉だぜ肉w」
C「いいわね!」

B(財布を見ながら)
「え、でも高くない?ファースドフードにしようよ」

A「じゃぁ俺たちこっち行くからお前そっち行けよ!な、C?」
C「うーん、どうしようかしら、Bが一人になっちゃうし。」

B「こっちに来てくれるなら、俺、おごるよ!」
C「ほんと?でも迷うなぁ。」

もーもの心(以下M)
(魔性w)

A「おいB!お前何言ってんだよ。行こう?
my sweet honeyyy、C!」(Cの手を取る)

C (*´ェ`*)ポ

M(お、Aはオトコやなぁーワイルドいかすなぁ!)

Hamburg3
*AがCの手を取った図*



B(俺は何も見てないぞ、これは夢だ、そう、夢なんだ)



このやりとり5分くらいして



飽きてきたMはランチ再開していると




あれ!




Hamburg4

* B 降参。の図*




手が背中に回ってるんですけど!


見逃したぜ!




しかもBがなんか参ってる様子。。。









B「さーせんした!」

魔性ちゃんはやっぱり
男らしい方を選んだわけね。





…視界を近くに戻すと
同じように観察してる人が








Hamburg5

*「若いな…」の図*




…っていうか、
結局パパとかママとか赤ちゃん登場して
家族?でゾロゾロどっか行ったんですけどねwww


すいません、
数独するとか
インテリなこと言っておいて
バカなことしてました。

次はいよいよDenmarkへ!
久々国境越えw

おい!面白くないぞ!って方
クリックよろしくおねがいしますー!
↓↓



Theme:ドイツ

Genre:海外情報

2010-04-30 Fri 14:46

3/18 ゆるーり移動日

はじめて訪問してくださった方

_MG_5662.jpg

*ぷろふぃーる*

目次

*目次*

御覧ください。

***

いやぁ17日は密でしたね!
4記事くらい書きましたね。
もう今から事件のハードルは低くなっていくのですが
皆様、愛想を尽かさないでください!

Bremenにいる際、
東京での友達から
会えないか誘いを受けましたが
自由旅行とはいえ
旅程にも金銭的にも
どう考えても無理が出るため断念。
オランダとか行きたかったんだけども!
外国で日本の友達と
偶然再会とかステキやのに!!!

まぁぶつぶつ言いながら朝起きた
んだけども

宿主が起きずチェックアウトできない
レセプションは8時からだけど
電車の時間があるから
7時にしてくれ、と昨日頼んだのだが。
ライブで疲れたのか、
全く音沙汰なし。
まぁそんな気はしてたけどさ、
これ逃すと、Humburgでの
乗り換えがうまくいかないから
遅くなるんですけどー

受付の張り紙を見る
「何かあれば部屋の外からringしてください」

このring
を、うちは「電話を鳴らす」
と思ったわけですよ。
当然番号変わって繋がらない。
張り紙をよく見ると、
うすーく電話番号が。
鳴らしても出ない。

・・・はて!
これ、玄関のベル鳴らすって意味じゃね?
じゃぁ部屋の外と訳した
out of the doorも
この建物の外なんじゃね?

ってことで、
なぜかわざわざ外に出て
玄関のベルを鳴らすと
「いやぁちょっと寝すぎたね、HAHAHA」
と太っちょ宿主が。
・・・
あのー電車・・・
まぁいっか
と思いつつチェックアウト。
てか鍵渡しただけだけどさ、
この1分のために
電車逃したじゃないのーーーーw

もうなんなんだこのホステルwww
自由すぎる。

てことで、ゆるゆると移動。
Bremen7
*電車の中(トイレまでの通路)*

電車に乗るも
この景色よ。

あの、、、



荷物、




・・・


邪魔なんですけどwww



まぁそんなこんなでHumburgへ。

窓の外には
気球

Humburg1

*窓の外(左上に小さな気球が)*


なんか、いいですねぇー

外に出て、見たいですねぇー

でも時間、ないんですよねぇー

宿主のせい、ですよねぇー

完全に、そうですよねぇー


いけないいけないw




次はHunmurgでの人間観察・アフレコ日記ですよ!

クリックよろしくおねがいしますー!
↓↓



2010-04-29 Thu 16:10

3/17 Bremenの音楽隊だけに…

少しレイアウト変えました。

はじめて訪問してくださった方

_MG_5662.jpg

*ぷろふぃーる*

目次

*目次*


御覧ください。



さてさて
引き続きBremen
ここを過ぎると面白い話もなくなってくるので
お見逃しなく!
BGM START

BGM

***
少しずつ夜空に変わる中、
またもやトラムに乗って中央駅へ。
駅降りてすぐは
あんまり見栄えが良くない。
なんだかごちゃついているし、
おまけにこんな図
Bremen3
*なんで鳥居がココに…*

謎は深まるばかりですが、
さてはてあの銅像はどこにあるのやら。

トラムの切符売り場に行って聞く。

すごい強面のおじさん(○`ε´○)が
すごい丁寧に教えてくれた。
見かけによらないね
((○`(○`ε(○`ε´○)ε´○)´○))




そんなこんなで到着
Bremen4

いやこれ夜来てよかったかも!
照明の当たり具合とか
周りの景色とか、
ほんとキレイでした。
こちらの家々は石やレンガでできているので
銅像があっても景色になじみます
がしかし時にそれはその銅像が溶け込んでいて
あまり目立たないように感じますが
夜、ほんのりライトアップされることによって
主張しすぎないけれど
自然にそっちに目がいく
なんていうとっても良い雰囲気が
醸しだされていたと思います。

また、
情緒ある古い街並み
が守られており
大変気に入ったmoomo氏

旅日記より抜粋
―Bremenを一泊にしたことを
これほど後悔するとは思わなかった―

わたしをここまで魅了させた
景色のうちのひとつはこちら
Bremen5


***
さて、帰ってきたら
宿付近から
おっさんのうめき声みたいな、
叫び声みたいなのが聞こえる

・・・何だろう

わたしの部屋は1階だったので
ホステルの外でなにかあったにしても怖い。
どうしたものか。


とか言いながらのんきにシャワーを浴びに
シャワー室へ。

すると、その際通りかかる階段の
地下の方からうめき声が
650_convert_20100430143050.jpg
*地下室をおそるおそる見た景色*


(;´Д`A ``` イヨイヨ怖イヨ

でも確か地下はスタッフルームのはず
、ヽ`(~д~*)、ヽ`


どうしたものかと思っていたら
太っちょ宿主が出てきた。

ドアを開けたその途端
大音量の音
これが原因かーーーーーーーーーーーーーい!☆\(-_-)




↑こんなかんじで
単に太っちょ宿主が
機嫌良く一人でライブしてただけでした笑
聞きたい人は画像クリックしたら
youtubeに飛んで聞けますよーうひょひょw

ぶひー自由すぎる!



安心して寝れるね!おやすみのクリック↓


2010-04-27 Tue 22:24

3/1 10センチの隙間から差し込まない光

以下旅日記より抜粋

主要駅の間は、野が広がっていて
煙突付きの家々が多いが、
屋根にはソーラーパネルがついている。
色はレンガの赤茶色が多いが、
たまに人が済むには少し小さい小屋の様な
建物の群があって不思議だ。
基本的には手の入れられていない
荒野が多いように思う。
冬だからだろうか。

***

そんなこんなで
16:30ごろBremen

まぁBGMにでも聞きながらw



駅から徒歩5分くらいってはずの
ホステルが、トラムで25分くらい行って
そこから徒歩5分と判明。
とりあえず10番トラムに乗るけれど
反対方向だと気づく。
外国進行方向逆やから
よく間違う・・・
3つ目の駅で気づいたから降りて
折り返そうとベンチに座って待っていると
オッサンに怒鳴られる。
座ったらあかんのかなー
とか思いながら立って待っても怒鳴られるし
何ゆうてるかわからんしで、
スーツケースがあるけども
仕方なしに隣駅まで歩く。
ちょうどそのオッサンが乗ったトラムを1本逃した上で
隣駅から乗ると…
Bremen中央駅からまた同じオッサン乗ってきたw
デジャヴーーーーーーーー
w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!

さっきのことがあるから
顔かくしてたわたし。| |д・) ソォーッ…
誰にでもつっかかるらしく
車内も嫌な雰囲気に。
途中で降りて行ったけども
若干怖かったー。、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ`
どこにでも気違いはおるんね。

***

で、目的地までなかなかつかんから
心配になったものの
ちゃんと着いて
全然駅から近ないやん!
とか思いながら歩き出す。。。

日も暮れかけてくる中、
目的の道を発見し
可愛い住宅街♪
とか思いながらガコガコ荷物運ぶも
目当ての番地がない。
○○通り42番地
を探してるのに…
(以下参照)
Bremen1

御覧の通り、
41…

よんじゅうn…




エエエェェェェェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェェェェェエエエエ



43やん!


Σ(д゚||)ガーンΣ(  ||)ガーンΣ(||゚д)ガーンΣ(||゚Д゚||)ガーン

意味が不明なんですが。

そして後ろにそびえたつのは

652_convert_20100427220540.jpg

あの。。。
2件目こげてるんですけど。。。



とりあえず電話してみよう

・・・
□】ゝ(・・*) ガチャン!!
番号変わってるらしい




ワッハハハ(TT∇TT)人(TT∇TT)ワッハハハ
(注:どっちもmoomo)笑うしかなくなるw

近くにいた地元民に尋ねると
「探してるとこかどうか分からないけど
奥にホステルがあるよ!」

違ったらもうそこでいい
と思いつつひたすらガコガコ移動

そしたらそこは目的のホステルでした
気さくなおデブさんが迎えてくれて
お部屋は可愛くて快適そうなので
ひとまず満足。

でも明日朝早いから今日中に回ろうと思って
夕方から夜にかけてさらっと観光

次回そこからですー♪

***

ホステルあって良かったね!
って思ってくれた人!
↓おねがいします~w



01 «
2017.02
» 03


12345678910111213141516171819202122232425262728
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。