Home > In my brain(category)  TotalPages1

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-04-15 Thu 03:38

Frankfurt的脳内

Frankfurt2

*Frankfurt空港駅*


そんなこんなで
無事?(じゃねぇよw)
Frankfurtへ。

とりあえず初日は夜だし
すぐにホステルへ。


***
いきなりここ来た人は
これ参照↓

日本酒を死守せよ。

***

写真違うとはいえ
中国経由しただけで
えらい疑われた。

確かに入国審査官の彼は
「だって中国から来たじゃないか」
ってしきりに言ってた。

中国で途中下車?した理由も
めちゃくちゃ聞かれたし、

いやいやあんたらの国への飛行機が1日2本で
乗り継ぎに不便やったからですやん

てゆうたけど。

気まじめなドイツ人
疑われやすい中国人
群れる日本人

今回この3要素が原因かな

とかいう超一義的な結論を出して
勝手に納得した。


だって中国通る時は
入国審査官、隣の人と話しながらポンポン押してたし

ドイツでは中国っていうフレーズにやたらつっかかってきたし

挙句「日本人やのになんで一人」とかw
こっちが聞きたいわw
日本語話せて旅好きでイケメンな
ドイツ人紹介してくれるんですか笑

国民性、
またどう見られてるか
ってのをちょっと濃く感じた日でした。
でもそう思っていいほど
各国に密な知り合いいないくせに
こんなこと考えてる自分が
一番それぞれにレッテル貼ってるのかもしれないなぁ。





スポンサーサイト

Theme:ドイツ

Genre:海外情報

2010-03-14 Sun 03:04

上海的脳内

後輩と久々に再会し
(彼が1月に来日した際会ってはいたのだが)
彼のそもそも上海に至った話や、近況を聞いているうちに
決して後輩として見ていない
(対等、いやそれ以上に見ているかもしれない)
そんな自分を見つけた。
すべり出てくる数々言葉と
それにこもる心意気に圧倒された。

彼はあり得ない発想と思考を持っている。
何でも難しく考える割には
感覚で生きていて
それらが入り混じって彼自身となっている。
行動だけを見れば不安定な道をも思い切りよく進むので
後先を考えていないだとか、言われることもあるようだが。
それだけの勢いを持っている。
「もーもさんは今何してるんですか?」
って言われて何も言えなくて
日本ではなんだかんだ言えることも
彼を前にしたらどれも小さくて
紙屑な気がした。。。


そんな熱い彼の話を聞く背景は
自分が想像していた中国
とはまったく異なる発達しすぎた都市、上海

高い建物、
あわただしく流動する街、
なんだか飲みこまれそうで、
ただ、湧き出てきたのは
たったひとつの感情でしかなかった。


China2

怖い



日本がぬかされたのも無理はない。



余談ではあるが
日本はどうなるのか

というより

日本をどうしたら良いのか

と思ったことを覚えておきたい。

この二文は
視点が大きく違うと思うから。

新しい自分を発見した。




04 «
2017.03
» 03


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。